<< 髪を切りました | main | あやかし同心死霊狩り (ワンツー時代小説文庫 か 1-2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.10.09 Friday | - | - | 

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

毎回、毎回思うんだけど、伊坂さんはすごいなあ・・・。
はじめはつながりのない、それぞれの物語・・・なのに、最後にはひとつにつながって、頭の中で、大きく人生になる。
伊坂さんの書く物語の中でしゃべる言葉たちが、どれもありふれたものなのに、すごく楽しくて、テンポよく、それでいて自由に、なんともいえないルールで進んでいく。

チルドレンもよかったけど、今回もホント、見事です。

外国人、への偏見も考えたし、
どこかで、ああやっぱり・・・って思うことがちりばめられてて、映画にもなってるし、観たいなって思ってレンタルショップに行ったら、全部貸し出し中だったよ。
やるなあ、伊坂さん♪と思って次回は借りれるといいなあー。

やるせない死も、宗教の信念も、復讐も
ぜんぶ神様をコインロッカーに閉じ込める・・・
2008.03.29 Saturday | comments(0) | BOOKS | 

スポンサーサイト

2009.10.09 Friday | - | - |